ゆうこのカナティ

AGA(エージーエー)が、「夫フォルム抜毛症」と呼ばれる薄毛(もしくは抜毛症)であり、とりわけおっさん期から壮年期にかけての「夫」に様子が見られ関わることが多いという感覚は、多分多くの邦人に共通するポジションです。

しかしこれは飽くまでも「男性に多い」と言うだけで、「女性には乏しい」ということを意味していらっしゃるわけではありません。AGAは女性にも在る薄毛、もしくは抜毛症の様子なのです。そして、女性に在るAGAのことを別に「婦人夫フォルム抜毛症」と呼びます。

夫であっても女性であっても、AGAは病舎で治療することができますし、また、病舎以外の向け機関でそれぞれの見立てや対策を施すことになるわけです。ただし、婦人のAGA見立てに関しては、ちょっとばかり気を付けなければならないことがありますので、それについてここで幾らか触れておきたいと思います。

基本的に、AGA見立ては病舎をはじめとする医療機関に済ませろ向け機関に済ませろ、とある機関に出向いて、適正な見立てや対策を施すことが望ましいといえます。これは、夫も女性も誠に同じです。

ただ、WEB通販などで購入したAGA加療を服用しながら独自に矯正を目差すという方法のケース、男性にしても女性にしてもまったくリスクが高いということを認識しておく必要がある、ということになります。しかも最もそれが「婦人」のケース、「取り返しのつかないことになって仕舞うリスクを負うことになる」ということをぐっすり理解しておいて下さいのです。

AGA加療といえば、その代表的な加療が、「プロペシア」もしくはそのジェネリック加療ということになります。実はこういう「プロペシア関わり」の薬を女性が服用してしまうことで、「取り返しのつかないことになって仕舞う懸念」を負わなければならないことになります。

基本的に、プロペシア系のAGA加療は、夫専用の薬であるということを認識していだきたいのです。やはり、病舎や病棟などの正医療機関であれば、そんな手落ちはほんとに考えられませんから、そんな医療機関に足を運んでいただくというためあれば、どうしても不都合にはなりません。

ただ、WEB通販などを経由して、女性がご自身でプロペシア系の薬を購入して服用してしまうと、「ご自身の乳幼児に損害が及ぶ可能性が高い」ということを認識しておいて下さいのです。
受胎中にプロペシア関わり加療を服用すると、お腹の赤ちゃんにスゴイ身体的欠点をもたらすケー。AGA見立てを行いたい女性には、このことを思い切り覚えておいていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です