ヒカルの笹谷

「母乳が大きくなりたい」と狙う女性は少なくありません。付き合っている彼氏が大きな母乳が歓迎、職場の同僚の母乳が大きくてうらやましい、母乳の大きな歌手に夢見る…理由は様々ですが母乳が低いと考え込むマミーにとって乳upは切実な望みだ。乳upに抜け道の一部が「肩甲骨のストレッチング」だ。それでは、まずは乳の定め仕組を知っておきましょう。乳は9割の脂肪分隊と1割の乳腺分隊で成り立っています。乳腺とはベイビーに授乳するための管のため、こういう乳腺を続けるために脂肪がついている。乳腺と脂肪の重さを基礎となって支えているのが「大母乳筋」だ。大母乳筋が衰えてくると、乳が垂れたり、陰が悪くなったり、はりがなくなったりする。もちろん、乳を大きくすることもできません。こういう大母乳筋を強めるため、乳の垂れを防御、改善することができ、乳upへの入り口となります。では大母乳筋さえ鍛えればいいのかというと、それだけでは足りません。大切な筋肉がそれほどあります。それは背中から乳を助ける「広背筋」だ。広背筋とは骨盤の上部から両脇の下辺りに向かって在る逆三角形の筋肉だ。広背筋は肩を前に巻き込むと縮み、胸を引っ張ると伸びます。広背筋は散々縮んですままにしておくと、縮んです状態でかたまります。長時間の内勤で肩が前に繋がる態勢が貫くと、いわゆる「引き込み肩」や前かがみになる。「引き込み肩」や前かがみの症例、広背筋が縮んでゴワゴワになっていることが多く、乳が垂れ下がる要素ともなります。乳upをするためには、こういう縮んでゴワゴワになった広背筋を引き伸ばす必要があります。広背筋を引き伸ばすのに有効なのが肩甲骨のストレッチングだ。以上のことから、肩甲骨のストレッチングは乳upにとても便利と当てはまるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です