会田でまりモン

マイカーを渡す戦法はいろいろありますが、最高シンプルなのが、「廃車に始める」という戦法でしょう。ただ、シンプルであるとはいっても、これはあくあまでも、他の下取りをやる、ユーズドカー買取業者に並べるといった戦法と比較したときに、割とシンプルであるという結果あって、廃車にするからといって、何もしなくても良いということではありません。そこらへんにゴミを振り捨てるのとはいくぶんことが違う。

では、最近所有しているマイカーを廃車にする際には果してどうしたらよいのかという事について、お話していきたいと思います。廃車にする際に準備しておくものを中心に、話を進めていきたいと思います。

廃車にする際に準備しておく存在として真っ先に思いださなければならないのが、まずは廃車の過程に必要な文書ということになるでしょう。廃車にする際に準備しておく存在として、真っ先に挙げなければならないのは、正に、判資格だ。判資格が必要になるということは、当然判資格とおんなじ判が必要になるということになります。ですから、廃車にする際に準備しておく存在として真っ先に用意して下さいのが、判資格と判の一緒ということになります。

廃車にする際に準備しておく存在として次に挙げたいのが、車検証でしょう。車検証は主流マイカーのダッシュボードの中にあるというケースが多いようですが、そうでない人様は、廃車の際に忘れずに用意していただきたいと思います。それから、これもマイカーにことごとくついているはずの個数プレート(あたり1枚ずつ合算2枚)が必要になります。

そして、マイカーを廃車にして、解体が行われた後の通知に関する文書も必要になりますので、そのためには、引越し通信ナンバーと解体通知お天道様が記された文書が必要になります。そして、マイカーの融通券も必要になります。融通券については、失念されている人が多いので、その場合には、廃車の際にはしっかり再発行しておいてください。

それと、廃車にする際に準備しておく存在としてほんとに忘れてしまいがちになるのが、自賠責保険の資格だ。多分これについては、車検証とセットで管理されている人が多いと思いますので、車検証を用意する際に、一緒にあるかどうかを必ず確認するようにしていただきたいと思います。

それから、マイナンバーカード本人か、マイナンバーカードを写したものが必要になりますので、廃車にする際に準備しておく存在として上記のものを必ずチェックください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です