稲川がジェンキンズ

本日行われている抜毛は、エステティックサロンですと光を照射する光抜毛が多く、美容病棟など診査関係のところでは、光より効果的なレーザーを照射するレーザー抜毛がが主流です。
これらは、毛根のようなケバイ部分に光やレーザーを照射すると発熱講じるという実態を利用して、毛根周辺の細胞に苦悩を与えます。毛根周辺には、毛を成長させる細胞が集まっていますので、ここにダメージを与えると直後毛は生育できなくなります。
さて、皮膚のドライや日焼けについてですが、乾燥している場合には、皮膚の防御効用が落ちているわけですから、光やレーザーを照射したときの発熱に耐えられるか何とか面倒になります。発熱時折多少の痛みを感じますが、皮膚が乾燥していますと、その痛みがグングン強くなります。また、普通でも発生する高温によって小気味よい炎症を引き起こすことがありますが、乾燥してデリケートな皮膚では、凄い炎症をはじき出す危険性もあります。それで、皮膚のドライ体調によっては、手入れできないといわれることもあるわけです。
次に日焼けですが、これはご存知のように皮膚のカラーが濃くなります。上記のようにケバイ部分に光やレーザーを照射しますと発熱する。日焼けの皮膚の場合には、その部分一帯が発熱してしまいますので、火傷のヤバイが大きくなります。それで、手入れができないわけです。
以外がドライや日焼けした皮膚に手入れできない理由です。ただし、手入れ行えるできないはそばにもよりますので、エステティックサロンや美容病棟で相談してみるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です