赤坂で北見

ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い知らされることもあるのです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そういう看護師の仕事を続けていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、そのうち、自身の身体や健康のことなどもかなり深く理解できるようになるでしょう。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行ってさらに能力をアップさせたいと願う、意義のある職場変更と言えるでしょう。新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代についてきちんともらえないケースがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労基法違反であり、犯罪です。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、仕事上での必要性や重要度は大変高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。夜勤のある仕事ではどうしても、多少強引にでも時間の調整をしなければ思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。毎日、看護師として頑張っている中、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ところが、専門性の高さですとか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、近年においては一段と治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。なので、病院で勤務する看護師についてもさらに多く必要とされていますが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。とはいえ、患者さんの状態によって、切迫した状態では、場数を踏んでいる看護師であれば、部分的に医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。当然、休みはきちんともらえますけれど、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというのは珍しくありません。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に話します。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すようにします。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。具体的な金額としては日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。そんな風に、出戻ってこれるのかどうかはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうしたケースは、実際にとても多いようです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってくる人もよく見られます。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。その労働環境は厳しく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死してしまった看護師もいたのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。病院で病棟勤務に就いている看護師なら病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤をこなしていくことになります。なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。収入面において、看護師という仕事は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などが間違いなくもらえる、というのも大きいです。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や勤務終了でクタクタのところ更に残業をする等々、そんな看護師なら確実に給料は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。同様に、薬にも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、注意するべきでしょう。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。免許が必要な専門職である看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが豊富にあるようですので、上手にそういうものも使って最適の仕事先を見つけてください。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、基本的に土日は休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、体験先の介護施設の看護師の方に感動したのがきっかけです。将来的にはこんな風に働きたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人事担当者の考え次第で確定されたりすることもありそうです。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大病院で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。数年ほど、看護師として働いているのですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、そのために常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は大事な点になるでしょう。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療関係者も、ますます必要とされる可能性があります。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。かなり以前は、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入ると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。というのも、看護師の得られる給料は、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。そう、つまり看護師は給料の高い専門職だということです。勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事をかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであれば条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。個人ごとの能力を測り、評価できるように、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です